Beloved followers of Kerb Journal...                            



Expressions of interest are now open until the
22nd of APRIL 2020 for

Kerb Journal #28





DECENTRE


Designing for Coexistence in a time of crisis.



Kerb Journal is produced in Narrm on the sovereign unceded lands of the Boonwurrung and Woi Wurrung peoples of the Eastern Kulin Nation.

We recognise the strength of custodians and acknowledge the elders of this Country, past, present and emerging.









The tragedy of the story of Frankenstein’s monster lies in his abandonment, not his creation.

It feels like we are living in an eco-horror story. We are experiencing a crisis of coexistence. The volatile state of the world prompts the question: how will we weather this storm?

Bushfires, drought, mass extinction, global heating, oceanic acidification, superstorms: this is a crisis which forces us to confront our ecological entanglement. We encounter the destructive lineage of ideas and institutions that had conceived of humans as detached, special and centred.

As co-creators of our environment we understand that the forces that shape us are equally shaped by us. Human-centric development has caused great violence to the land and other beings. The Anthropocene has introduced a crisis of agency.

Ian McHarg argued that landscape architects “must become the stewards of the biosphere”. But perhaps this position lies in the tradition of human-centredness? Bruno Latour contends that “the sin is not to wish to have dominion over nature, but to believe that this dominion means emancipation and not attachment.”

In Kerb 28, we look through a broad lens toward ideas, practices and knowledges that better enable coexistence. What role can design play in imagining and embracing forms of agency that will allow us to co-inhabit earth with non-humans?

Submissions + Enquiries kerb.journal[@]rmit.edu.au




怪物弗兰肯斯坦的故事里,悲剧的发生是因为抛弃,而非创造……


听上去,我们正生活在一个生态灾难化的世界里。

我们经历着一个又一个生物间的共存危机:森林大火、土地干旱、流感、生物大规模灭绝、全球变暖、海洋酸化、超级风暴等 - 与生态环境的纠葛使人类疲于应对。世界的不稳定性迫使我们思考一个问题: 如何应对这场气候与环境剧变?


当今思想和制度主张人类是分离,特殊的,占中心地位的,但其实,这种思想和制度只是一种破坏性的传承。

作为环境创造者的一员,我们必须清楚的了解到,什么塑造了我们,同时也正在被我们塑造。环境对人类的塑造与人类对环境的改造同等重要, 而以人为中心的思想势必对土地和其他生物造成了爆炸性的破坏。“人类世”已经给地球带来了一场时代危机。

安·麦克哈格 (Ian McHarg) 提出:景观设计师 ”必须成为生物圈的管理者 ” 。但是,这种立场恐怕只是基于人类为万物中心论的传统思想;布鲁诺·拉图 (Bruno Latour) 则指出,“统治自然不是最可怕的事,更罪过的是人类误认为这种统治意味着解放与独立。”


在Kerb 28中,我们将通过一个更广阔的视角,从思想、实践和认知层面上来探究如何更好地看待离心主义设计,以及如何实现人与生物共践共生。

在想象和接受形式都允许的情况下,设计能发挥什么样的作用,去实现人类与其他物种共同栖居的美好愿景?


有关第28期主题的更多信息,欢迎访问KERB官网。

请不要犹豫与我们联系,并与其他可能感兴趣的人分享。


亲切的问候,

kerb28# 编辑组
@kerbjournal
kerb.journal[@]rmit.edu.au




フランケンシュタインの怪物の物語の悲劇は、彼が作られたことではなく、放棄されたことにあります。

私たちはエコホラー(eco-horror)の物語に生きているように感じます。私たちはいま共存の危機を経験しています。この世界の不安定な状態は「私たちはどのようにしてこの嵐を乗り切るのか?」という疑問を投げかけています。

森林火災、干ばつ、パンデミック、大量絶滅、地球温暖化、海洋酸性化、スーパーストーム:これは、生態系のもつれに直面することを強いる危機です。 私たちは人間が「孤立し、特別で、中心的である」という破壊的な考えや制度の素生に遭遇しています。

私たちはこの環境の共創者として、私たちを形作る力が私たちによって等しく形作られることを理解しています。人間中心の開発は、土地や他の生物に大きな暴力を引き起こしています。そして人新世は環境に危機をもたらしました。

本号では、「共存のための設計」に焦点を当てています。

Ian McHargは、ランドスケープアーキテクトは「生物圏の管理人にならなければならない」と主張しました。しかし、この位置はおそらく人間中心の伝統にあるのでしょうか?ブルーノ・ラトゥールは、「罪は自然を支配することを望むのではなく、この支配は解放ではなく愛着を意味すると信じることである」と主張しました。

Kerb 28号では、共存をより可能にするアイデア、実践、知識に向けて幅広いレンズを検討しています。人間以外と地球を共存させることを可能にするエージェンシーの形態を想像して受け入れる上で、デザインはどのような役割を果たすことができますか?

私達はどんな関心表明(EOI)も歓迎します 画像とテキストベースの作品 最大200文字の要約

投稿 + お問い合わせ先:
kerb.journal[@]rmit.edu.au